ドレスデン情報ファイル
HOME 基礎データ 歴  史 見どころ 城めぐり 歳時記 生  活 ドイツ経済
経済・景気対策
第1次景気対策
第2次景気対策
経済成長加速法
未来パッケージ
2012年予算
2013年予算
補足説明
持続的発展戦略
新・エネルギー政策
政策の目標
政策の概要
政策の展開
原子力の扱い
再生可能エネルギー法
2014年改正法
エネルギー・データ集
関連用語
 
    ドイツのエネルギー関係データ
             はてなブックマークに追加 mixiチェック   

 エネルギー源別に見た発電能力と実際の発電量の推移

 ドイツにおける発電設備の総発電能力は2000年時点では125.5ギガワットであったが、それ以降拡大を続け、2017年末現在で約219ギガワットとなっている。これは風力、太陽光など再生可能エネルギーの発電能力が増加したことによるもので、石炭、天然ガス原子力などを合わせた従来型発電設備の発電能力は全体としてやや減少した。この結果、2017年は再生可能エネルギーが全発電能力の53%あまりを占め、従来型発電設備が47%を占めた。(表1)

 これに対して、実際の発電量はこのところ減少傾向にあり、2017年は2000年比で5.6%の増加にとどまり、エネルギー源別の内訳では、従来型が約6%、再生可能エネルギーが35%であった。

 再生可能エネルギーは発電能力では全体の53%を占めるが、実際の発電量では35%となっており、発電能力に対する実際の発電量の比率が高まってきている。これはとくに洋上風力発電が増加し、安定して電力を供給できるようになってきているためとみられる。

 2022年には原子力発電がすべて停止され、その後も石炭・褐炭発電の閉鎖が続き、天然ガスの役割が増していくとみられる。

注)以下の表にあるエネルギー源のうち、「その他」は従来型にも、再生可能エネルギーにも含めず計算。
図1 エネルギー源別発電能力と総発電量(2017年) (単位:%)
注)それぞれ総発電能力および総発電量に占める割合。
データ出所:連邦経済省、Zahlen und Fakten - EBERGIEDATEN (パーセンテージは当サイトにによる計算)
   
図2 エネルギー源別発電能力の推移
 (単位:GW)
  注)石炭は混焼を含む
   出所:連邦経済省、Zahlen und Fakten - EBERGIEDATEN (パーセンテージは当サイトにによる計算)

エネルギー関係データ
1 温室効果ガス排出量の推移と削減目標
2 一次エネルギー消費の推移と削減目標
3 電力総消費量と再生可能エネルギー電力の割合-推移と目標
4 エネルギー資源 - 自給率、輸入依存度、輸入先
5 一次エネルギー消費量の推移(種類別)
6 発電のエネルギー源別内訳とその推移
7 エネルギー源別の発電能力と実際の発電量の推移
8 原子力発電所の現状と分布地図
9 2000年の原子力合意
10 電力輸出入の動向
11 電力価格の構成と推移
12 再生可能エネルギー拡大目標と進捗状況
13 (1) 再生可能エネルギー拡大の経済効果
(2) 再生可能エネルギーの拡大と経済成長率の推移
14 エネルギー政策年表(1KB)
15 エネルギー転換に関する産業界の基本的考え方
    
   -- ドレスデン情報ファイル 2012.07.25 --
更新:2013.03.12、2020.06.28